これで大丈夫!いざというとき恥をかかないですむ冠婚葬祭の基本的なマナー全解説!

突然の訃報にも対応できるお通夜の際のマナー

お通夜の基礎知識とお悔やみのマナー

お通夜のマナーですが、まずお通夜とは基本的に、故人と共に最後の夜を過ごす儀式で、遺族や親族、親しい友人などの内輪のみで行います。
ただ、あらかじめ日程が決まっている結婚式と違い、葬儀は前もって日程を決めることができません。
そのため、都合で葬儀や告別式に出られない場合は、故人とそれほど親しい関係でなくとも弔問してかまいません。

香典は、お葬式か告別式、お通夜のいずれかの際に、袱紗に包んで持参します。
熨斗袋の形式は宗教によって違うので注意が必要になります。
わからないときは「御霊前」と記したものを使えば、大抵の宗教では問題はありません。

お通夜の受付では、一礼して簡潔なお悔やみの言葉を述べます。
あまりはきはきした口調でなく、抑えた口調で心をこめましょう。
「このたびはご愁傷様で……」と語尾を濁す、また目礼だけでも大丈夫です。
ただ死や苦、また不幸が重なることを連想させる「忌み言葉」だけは避けましょう。

お通夜に着ていく服装の男女別マナー

お通夜に出席する際の服装ですが、まず男性の場合は、基本的に黒の礼服を選びます。
ただ、会社などから直接出向く場合は、紺やグレー系のスーツでもかまいません。
またネクタイは黒の無地で、金時計など光るものは外します。
ネクタイピンも使わない方がいいですが、光らない物ならかまいません。
ワイシャツは白で、ボタンダウンのシャツなどは避けます。

女性の場合もやはり全体を黒でまとめ、肌を隠すオーソドックスな服を選びます。
全身は黒で統一しましょう。
ハンカチは白か抑えめのカラーを選ぶべきです。
長い髪は清潔で上品な形にまとめます。靴はヒールのある黒いパンプスで、爬虫類の皮やエナメル製は避けます。
和服の場合は略礼装「色喪服」を選びます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ