これで大丈夫!いざというとき恥をかかないですむ冠婚葬祭の基本的なマナー全解説!

恥をかかないための冠婚葬祭の基本マナー

いざというときにも安心の基本的な冠婚葬祭マナー全解説!

新郎新婦にとっては人生の晴れの舞台である結婚式。 来客の立場でも新郎新婦を祝福すべく、失礼のない対応が肝心になります。 ここでは、式に招かれた時に気を付けるべきことやご祝儀の渡し方、また当日のふさわしい服装など、結婚式の基本的なマナーを解説します。

突然の訃報にも対応できるお通夜の際のマナー

悲しいことですが、人はいつか必ず亡くなります。 しかしいつ亡くなるかは誰にも予想できません。 ここでは、突然の訃報を知らされたとき、お通夜には必ず顔を出すべきなのか。またお通夜に顔を出す場合はどのような準備をしていけばいいのか、その対応について解説します。

故人との関係で葬儀、告別式に出席する場合のマナー

訃報が伝えられてから数日後に行われるのが、葬儀、告別式です。 ここでは、故人との関係によって、お通夜、葬儀、告別式のどれに出席すればいいのか。 また持参すべき数珠や、式場内で他の参列者と挨拶や会話する際のマナーなど、葬儀の場での基本的なマナーを解説します。

どんな関わりでも大丈夫!結婚式の基本的マナーを解説!

自分が主役になる場合は、人生において重要な節目となり、また客として参列する立場でもさまざまなマナーが必要になるのが、冠婚葬祭です。
この「冠婚葬祭」という言葉は、古くからある言葉にして、現代社会でも日常的に用いられています。
これらの意味を具体的に解説すると、「冠」とは、江戸時代の武士の元服のことで、儀式として冠を頂いたことに由来していて、現在では20歳の成人式の意味になります。
「婚」は文字通り結婚式であり、「葬」もやはり親族や知人が亡くなった際のお通夜やお葬式。
「祭」は祭礼の意味で、法事やお盆など、祖先の霊を祭る行事を意味ですが、現在は結婚何年目の祝いや、子供の誕生や入学祝などをさします。

現代では社会の形も代わり、冠婚葬祭といえばほとんどが、結婚式とお葬式をさす言葉になっています。
またこれらのイベントにも、昔ほど細かい作法は必要なくなっています。
とはいえ、現代でも特に結婚式とお葬式には様々なマナーがあります。
それに結婚式やお葬式では、親族や知人など、大勢の人が参列するため、その場でマナーに反する行いをしてしまえば、大変な恥をかくことになります。

ここでは現代でも大きな意味を持つ結婚式、お葬式を中心に、知っているつもりで意外と知らない冠婚葬祭のマナーを解説してゆきます。
現実に結婚式やお葬式に出席する際、覚えておくことで恥をかかずにすむほか、豆知識としても覚えておいて損のない情報が満載になっています。

おすすめリンク

墓石のグレード

墓石の値段はピンキリで、見た目の美しさも違いますが、どのような価値の違いのあるのか、ご紹介します。